義肢装具・整形外科靴・糖尿病靴・リウマチ靴・小児整形靴・オーダーメイドシューズ、中敷、フットケアのバイタルフス高知−高齢者の転倒予防

靴を探す
足を守る重要アイテム
フットケアを見る
あしのことについて
販売に関する事項
さまざまな取り組み

高齢者の転倒予防 〜フットケアと正しい靴選びで防ぐ〜

転倒が高齢者に及ぼす影響

高齢者の転倒は、骨折などの障害に伴う合併症や認知症、寝たきりなど
深刻な事態に至る可能性が極めて高いため、予防に努める必要があります。

■転倒が高齢者に及ぼす影響の例
1.転倒時の骨折による身体機能の低下。
2.転倒時の骨折や外傷から受けた恐怖感により、閉じこもりがちになる。
3.転倒時の骨折や外傷を回復させるための安静期間が長期にわたることによって持病が悪化したり、
心身機能が著しく低下する廃用症候群を引き起こしてしまう。
転倒するとどうなるの? 高齢者の転倒による骨折の中で、大腿骨頸部骨折が約70%〜90%と言われています。
大腿骨頸部骨折になると即入院となり、もちろん歩行もできなくなります。そのため、筋力低下や内科疾患、認知症などが起こりやすくなり、寝たきりになる可能性が大きくなってしまうのです。

転倒事故の原因を考える

そのような高齢者への悪影響を防ぐためにも、転倒の原因を考えてみましょう。
■転倒事故の危険因子
1.視力低下
2.聴力低下
3.平衡感覚低下
4.認知症
5.筋骨格系障害(変形性膝関節症など)
6.起立性調節障害
7.足部障害(変形、タコ、ウオノメなど)
8.靴の不適合 (大きすぎる、片削れなど)

私たちバイタルフス高知はこの危険因子の中の足部障害、靴の不適合に注目し、「足から見た転倒予防」を医師、理学療法士、健康運動指導士などと協力し、高齢者の方々に 注意を促しています。

フットケアでできる転倒予防

あなたの身近な高齢者の方は、タコ・ウオノメができていたり、巻き爪や肥厚爪になっていませんか?
これらの痛いところをかばって、不自然な歩き方をしていませんか?
そのままだと異常歩行や足の変形が起こり、さらには足関節や膝関節股関節腰などに悪影響を及ぼしてしまいます。筋力の弱い高齢者は、それが引き金となって転倒事故となってしまう場合があるのです。
当社ではタコ・ウオノメの除去、巻き爪や肥厚爪の改善のためのドイツ式フットケアを行っています。
出張ケアも行っておりますので、お気軽にご相談ください。※フットケア内容について詳しくはこちら。≫
お問い合わせはお電話で。

靴でできる転倒予防

あなたの身近な高齢者の方は、きちんと足に合った靴を履いていますか?
大きくてゆるゆるの靴・室内履きを履いていませんか?
■靴の選び方・試し履きのチェックポイント 靴を選ぶときのチェックポイント 以上のことを参考に、お年寄りの足に合った靴を選ぶよう、心がけてください。
※当社がお勧めする、高齢者のための室内・室外用健康シューズはこちら。≫
また、片削れした靴で歩行が不安定になっていませんか?
お年寄りの靴のかかとをチェック→改善 当社では、正しい靴選びのお手伝いや靴の修理を行っています。ご相談はこちらへどうぞ。
お問い合わせはお電話で。 健康は足もとから…と言います。適切な靴で高齢者を転倒から守り、健康的な生活を支援しましょう。
ページの上部へ戻る
HOMEご相談くださいスタッフ紹介店舗所在地・営業時間お客様の声お問い合わせ