足と靴と中敷のトータルフットケア専門店・バイタルフス高知からリウマチ靴についてご案内します。

靴を探す
足を守る重要アイテム
フットケアを見る
あしのことについて
販売に関する事項
さまざまな取り組み

リウマチ用靴の目的

リウマチ用靴の目的は、『変形の予防』と『痛みの軽減』です。

リウマチの場合、関節の変形や足部の変形などから足関節や足底に痛みが生じます。 そのため変形や痛みに対応した医学的処置のされた中敷及び専用の靴が必要となります。
専用の靴は足底の圧力の分散や歩行の安定性、歩行の進行方向など、さまざまな処置を行うことにより痛みの軽減ができ、 歩くことにより心肺機能の低下や筋力の低下を防ぐこともできるのです。

快適な歩行は患者さまの笑顔と勇気を取り戻し、
これからのQOL(生命・生活・人生の質)の向上に大いに役立ちます。

あきらめないで リウマチ靴の処方に関しては医師によってもさまざまな考え方があります。
製作側にも違う意見があり、「これが正しい」というものはありません。
ここでは、私たちの製作するリウマチ靴についての今までの経験や意見を述べさせていただきます。

リウマチによる足の痛み(足関節・足底)はリウマチ患者にとって大変苦しく、つらい思いをさせるものです。 患者の方は痛みを少しでも和らげるため、足にあった靴探しに奔走し、悩まれています。
しかしその多くは期待を裏切られ、仕方なく合わない靴を履き、痛みを我慢されているのではないでしょうか。

私たちが考える足に合った靴、痛みを和らげる靴とは、適切に処置のされた中敷により足底の圧力の分散ができ、 股関節・膝関節・足関節の角度や現在の変形の状態、歩行の仕方などを考慮して靴の角度の設定、 ソールの硬さ・広さなど様々な処置、調整のされた靴であると考えます。
そのような個々人に合わせて調整された靴によってのみ、疼痛の除去や変形の予防、歩容の改善ができると考えているのです。
適正な靴であれば、あなたの足に合った靴に出逢うことは意外と簡単なのかも知れません。

しかし重要なことは、靴の完成時が100%ではないということです。

私たちが高知のリウマチ患者さんにいつも言うことは、「今からがスタートです。本当にあなたの足の症状に合った靴になるまで時間がかかります。 あきらめないで下さい。痛みをとる方法はたくさんありますから。」

これは患者さんの生活環境の変化による要因から不具合、痛みが起こる場合があるからです。
例えば痛みが軽減すれば体重のかけ方や歩幅、歩行距離も歩行時間もかわるでしょうし、出掛ける場所も変わってくるかも知れません。 痛みが軽減することにより、歩き方自体が変わってくるのです。

また残念ながら、症例によりリウマチ靴は足の変形を遅らせることは出来ても変形の進行を止めることは出来ません。したがってその時点の変形、歩行に合わせて再度靴の角度や使用材料の変更などの調整をしなければならないのです。
そのためには患者さんの 「あきらめない」という強い気持ちと協力が必要なのです。
あきらめないで
リウマチ用既製靴はこちら。≫ 症状に応じたオーダーメイドシューズはこちら。≫でご紹介しています。
また、リウマチ靴に関するご相談・お問い合わせは以下の番号までどうぞ。
電話番号は088−861−2332です。
ページの上部へ戻る
HOMEご相談くださいスタッフ紹介店舗所在地・営業時間お客様の声お問い合わせ