ウオノメ・タコ等の除去やネイルケアなどの総合フットケアを受けたい方、ドイツ式・フスフレーゲのバイタルフス高知へ

靴を探す
足を守る重要アイテム
フットケアを見る
あしのことについて
販売に関する事項
さまざまな取り組み

ドイツ式総合フットケア・フスフレーゲ

フスフレーゲとは

『フスフレーゲ』とはドイツ語で、FUSSは足、PFLEGEはお手入れを意味します。
足の健康を考え、足をすこやかに美しく保つために足を清潔にし、爪や皮膚の手入れなど総合的な足の管理をするフットケアがフスフレーゲです。
角質除去などの美容的観点やフットバスなどのリラクゼーションだけでなく、健康チェックやウオノメ・タコの除去などによる健康回復・健康維持の意味合いも大きいため、医療や福祉関係からも大変注目されています。 ※フスフレーゲについては、http://www.fusspflege.jp/でもご覧いただけます。

フスフレーゲの内容と手順

フスフレーゲ室 1.アロマの香り漂うフットケア室のキャビンにご案内し、まずは足の健康状態をチェック。角質の状態やウオノメ・タコの有無などを見せていただきます。
2.37〜39℃のフットバスに5分ほど入って、リラックスしてください。足の血行を良くし、角質や爪を柔らかくしてお手入れに最適の状態になります。※糖尿病の方は洗い流すだけになります。
フットケア用機器・フレーザー 3.フレーザーという専用の機器で、古く固くなった角質を処理。ウオノメやタコの除去も行います。
※症状の重い場合、1度で処理できないことがあります。そういった場合には数回に分けてお手入れするようにお勧めしています。
4.続いて爪のお手入れ。肥厚爪などを改善し、爪を正しい形に整えます。
5.最後はフットマッサージ。足の健康を保つためにも、ご家庭でも足の健康チェックを行ってください。
※フスフレーゲの施術手順はhttp://www.fusspflege.jp/tejun/でも紹介されています。
以上の内容で30分3,000円〜。
当社までおいでになれない場合は在宅訪問も行っております。
ご予約・お問い合わせ・ご相談は以下の番号まで。
電話番号は088−861−2332です。

高齢者にとってフットケアが重要な理由

タコ・ウオノメができていたり、巻き爪や肥厚爪があると痛いところを避けるようにして歩くようになります。
そのままで歩行を続けると異常歩行や足の変形が起こったり、それをかばうために足関節や膝関節、股関節、腰などに悪影響を及ぼすことがあります。
高齢者になると筋力低下もあって転倒の危険性が高まり、転倒時の骨折などの障害に伴う合併症や認知症、寝たきりなどの深刻な事態を招くことがあるのです。
これらの事態を防ぎ、また、毎日を楽しく健康的に過ごせるよう支援するためにも、高齢者の足の健康チェックとフットケアは大変重要なのです。是非ご家庭でも足の健康チェックを行い、足は常に清潔に保つよう心がけてください。

フスフレーゲによる改善例
ページの上部へ戻る
HOMEご相談くださいスタッフ紹介店舗所在地・営業時間お客様の声お問い合わせ